バーバリーのカシミアのマフラー

毎年、冬になると、バーバリーのマフラーをした方がたくさんいます。バーバリーと言えば、あのチェックですが、 チェック柄そのものは、もともとコートの裏地としてデザインされたものだそうです。1924年に、バーバリーのコートが発売されましたが、その後、コートももちろん人気ですが、その裏地の生地のチェックデザインが、バッグや財布などにも広がりました。

日本では、数年前から、バーバリーのマフラーが大流行。「バーバリー風」のマフラーを合わせると、ほとんどの方がこのチェックのマフラーを好んで使うようになりました。

バーバリーのマフラーの素材は、カシミヤと、ウールがあるそうです。もちろん価格は、カシミアの方が倍くらいの値段になります。カシミアとは、カシミアヤギという山羊の毛で作られた織物のこと。これに対してウールは羊の毛になります。ウール素材でも、十分高価な商品ですが、やはりは、バーバリーのカシミアのマフラー。温かく、やわらかく、一生もののマフラーですね。

バーバリーのマフラー種類と価格

バーバリーのマフラーは、素材としては上記のように、カシミア・ウールという種類になります。

人気のあるデザインはやはりチェック柄ですね。最もバーバリーらしいベージュがはやり一番人気ですが、ちょっと、差をつけるなら、黒がおすすめです。黒地にグレーのチェックは、メンズでもいいですよね。かわいい!と、一気に人気が高まり品切れが続出してしまったのは、「ピンクのバーバリーマフラー」です。すでに持っている人でも、もう一枚欲しくなってしまう…ピンクのマフラーは、とっても素敵ですよね。

チェック柄以外でも、ストライプや無地のものもありますが、せっかくですので、やっぱりチェックがいいのではないでしょうか。

価格は、カシミアで、4万円くらいです。格安のネットショップでは25,000円位で販売しているところもあります。

powerd by 楽市360
楽天ウェブサービスセンター


ウール(カシミア混)のマフラーですと、定価で27,000円くらいです。こちらもネットショップでは12,000円位で販売しています。

カシミアで25,000円、ウールで12,000円位を目安に、探してみるといいと思います。

バーバリーマフラー 本物の見分け方

バーバリーのマフラーは、大変に人気が出てしまったため、模倣品も多く出回るようになってしまいました。

最近のコピー商品は精巧にできているものが多く、見た目だけではなかなかわからないのですが、「R」が付いているかいないか…「MADE IN ENGLAND 」となっているかなどはしっかり確認しましょう。

また、よくタグが二種あってどちらが本物?という話を聞きますが、バーバリーのタグは「BURBERRY」と大文字のもの、「Burberrs」とsの入ったものがあります。これはどちらも本物で、5年くらい前に「BURBERRY」という表記になりました。

PR


管理人SAYAと

BURBERRYのマフラーを探す>>

バーバリーのマフラー

やっぱり欲しい、バーバリーのマフラー。首元に本物のおしゃれをしたいなら、カシミヤのバーバリーのマフラーが一番ですね。

MENU&関連記事

バーバリーのマフラーイメージ