カーペットの洗濯ってどうしてますか?

カーペットを洗濯する時、皆さんはどうしますか?大きなカーペットの洗濯方法というのは意外と難しいんですよね。

ちょっとしたシミや汚れは、カーペット専用の洗剤が市販されています。一般の量販店で販売しているので、小さな汚れやちょっとしたシミはこちらをカーペットに直接ふりかけ、しっかりふき取るのが早いでしょう。カーペット用の洗剤の場合、安全面にも考慮してくれている商品が多いのが特徴です。一般の家庭用洗剤では、濃度が濃く、小さな子供(特に赤ちゃん)がいる場合、その場で手をついたり、ハイハイをしたりしますので、洗剤のふき取りが甘いと心配です。カーペット用の洗剤はこのような点を考えて製品化されているものが多いので、購入の際は、こういった注意書きを読んでから選びましょう。


また、口コミなどでもよく言われていますが、絨毯やカーペットの洗濯(掃除)にいいのが「重曹」です。重曹は今、クリーナーとしても注目されていますが、もともと食品ですから、絨毯、カーペットに、洗った後の重曹が残っていても大丈夫。これなら安心して使えますね。カーペットの洗濯に重曹はおすすめのアイテムです。

カーペットの洗濯はどこでする?

カーペットを洗濯で丸洗いする場合ですが、この場合も、重曹がいいようです。洗剤の代りに振りかけて、洗います。この場合、風呂場で洗濯するといいいでしょう。

ただ、水分を含むとカーペットはかなり重くなります。お風呂場から出せない…なんてこともありますので、ご注意を。「駐車場」や、「ウッドデッキ」で洗うのもおすすめです。よく晴れた日を選び、良く水で流したあと、そのまま乾かせばOKです。これはいい洗濯方法なので、ぜひ試してみてください。カーペットの洗濯洗剤は、重曹がいいと思いますが、頑固な汚れ、かなりのシミにはやっぱり専用洗剤が効果的かもしれません。専用ですから、絨毯・カーペットを痛めることもなく、汚れの落ちやすのは確かです。大きめな量販店や、ネットの通販など、いい商品が出ていますので、探してみるといいでしょう。

カーペットを洗濯には宅配クリーニングもあります

どうしても家でカーペットの洗濯ができない!という方いるでしょう。この場合は、外注に出すようになると思いますが、クリーニング店では、だいだい相場が1畳当たり2000円位になるようです。また、今は宅配のクリーニングでカーペットの洗濯をお願いする人も増えているようです。宅配クリーニングは少し、割高になることもありますが、持ち込みの手間を考えると嬉しいサービスですよね。


また、コインランドリーを利用される方も多いようです。8キロ、10キロと一番大きいタイプのコインランドリーでしたら、カーペットの洗濯も可能です。乾燥まである程度できますので、少し生乾きぐらいまで乾かして、軽くなったら、持ち帰り家で干すといいが経済的にはお得ですね。ホットカーペットカバーくらいのものなら、十分に洗えます。しかし、もっと、厚手のもの、毛足の長いカーペットは痛みますから、やはり、家か、専門業者で洗った方がいいでしょう。カーペット専用の洗濯業者も今はあるようです。特に、高級絨毯(ペルシャ絨毯)などは、とんでもないことになってしまいますので、専門業者に任せたほうがいいでしょう。

PR


管理人SAYAと

カーペットの洗濯について
調べてみましょう!

カーペットの洗濯

カーペットの洗濯ってどうしてますか?重くて洗濯が大変なカーペットですが、意外と便利な裏技や洗濯方法があるようです。口コミサイトなどから、カーペットの洗濯に関する情報を集めてみました。参考にしてみて下さい!

MENU&関連記事

カーペットの洗濯 イメージ