自費出版の費用の相場は…

最近、自らの小説や、絵本、写真集などを自費出版という形で出版される方がすごく多くなったと聞きます。昔ですと、自費出版は、どうしても作家になりたい、小説家になりたい…という方のメジャーデビューへの足がかりだったというような意味合いもありましたが、今では、多くの人に読んでもらうためというよりも、ごく親しい方に、記念として本を残したい…そういうニーズが増えているようです。自伝を生きてきた証に…と、自分史を書かれる方も多いですね。だ誰でも、生涯に1度は本を書く…そんな時代も近いのかもしれません。


しかし、この自費出版のブームを受け、逆に詐欺のようなケースも多くなっているようです。相場より、数段も高い費用を払うことになったり、費用を払い込んだんにもかかわらず、自費出版として刷られた冊数が少なかったり…。こういった詐欺やトラブルを防ぐには、自費出版を頼む側もしっかり、基礎知識をもって、見積もりの依頼をするべきでしょう。一生に一度か二度の自費出版ですから、高すぎる費用を取られて後悔などがないように自費出版の出版社はしっかりと見極めましょう。

自費出版の費用|一般的な費用相場はどのくらい?

自費出版の費用は、本の種類によってももちろん大きく変わってきますが、一般的なB6版の小説本(中が一色)、200ページで500部印刷した場合、50万〜70万位になるのではないかと思われます。これは、比較的小さな出版社に依頼した場合の費用です。自費出版の費用というよりも印刷代金…といった意味合いの方が強いでしょう。

「一般の商業出版のように、自費出版の本を書店で流通させたい」という場合は、さらに金額が高くなります。

また、大手の自費出版専門の出版社に依頼して、構成や編集などもお願いする場合は、さらに金額は高くなります。自分ですべて構成編集をする完結型で自費出版をするのか、出版社にその部分をお願いするのか…ここが、自費出版の費用を決める大きな決め手になると思います。

印刷だけを主体に考えている会社の場合ですと、いくら費用が格安の見積もりが来たと言っても、その点はサービスに含まれていないと思いますので、しっかり確認をしましょう。

また、カラーの印刷となる、写真集や絵本は本の枚数は少なくても費用は、かなり高額になります。紙質も厚手の良いものを使用しなければなりません。写真集や、絵本の場合は、どういった紙質でカラーの解像度がどのくらいになるのか…もしっかり確認することいをおすすめします。

自費出版ははじめてですと相場がわかりませんが、こういったことを頭に入れておいて見積もりを依頼するとスムースですよ。

自費出版の費用|見積もりは必ず取りましょう

自費出版の費用については、いまだにトラブルになることがあるようですので、しっかり事前に見積もりをとり、できれば数社の金額を比較しることをおすすめします。大手には大手の良さがありますし、小さなところでも、費用も安く丁寧なところもあります。費用だけにとらわれることなく、自分の望むサービスまで対応してくれているのかどうかをよく見積もりで確認しましょう。「一式いくら」などという見積もりではトラブルの元になりますので、詳細の項目をよく確認しましょう。

PR


管理人SAYAです!

自費出版の費用

自費出版の費用はどのくらいを想定しておけばいいのでしょうか?東京・大阪など一般的な都市部の出版社の見積も り例を元に調べてみました。

MENU&関連記事

自費出版の費用 イメージ