入学祝いの相場|贈る範囲と時期

入学祝いの金額の相場はそれぞれの環境や、立場によって、もちろん異なりますが、ある程度の相場は意識して、贈りたいものです。相場よりとても高かったりすれば、かえって気を遣わせてしまいますし、逆にあまりにも相場より低いというのでは、ちょと恥ずかしいですよね。

ここではそんな入学祝いの相場金額について検証してみたいと思います。

まず、入学祝いの金額の前に、贈る範囲についてなのですが、これも一般的な話なので、必ずしも従うことはないとは思いますが、入学祝いは基本的には身内に対してのお祝いになります。ですので、特に親しい場合を除いては、友人のお子さんの「入学祝い」などについては特に贈る必要とされています。兄弟の子(甥・姪)などには贈る場合が多いと思います。また、贈る時期ですが、進学が決まれば、すぐに贈っていいでしょう。遅くとも、入学の2週間くらい前(春休みの頃になりますね)には、贈るようにしましょう。

入学祝いの相場|高校の場合、中学の場合

親戚(甥や姪)などの高校の場合の入学祝いの相場は、1〜3万円くらいのようです。経済状態によっても異なりますが、3万円の場合は、現金でプレゼントすることが多く、どちらかというと親にという感じでしょうか。逆に、1万円くらいの場合は、本人に渡る場合が多いでしょう。高校生くらいになれば、欲しいものもいろいろあると思うので、現金は嬉しいものだと思います。


中学の入学祝いの相場は5千円〜2万円くらいでしょう。これも高校の入学祝いと同じく、2万円という場合は、親御さんを意識した金額になると思います。5,000円の場合は、本人に渡ると思いますが、中学生の場合は、図書券で渡すというケースも多いと思います。また、中学の入学祝いの場合は、5,000円を図書券、その他に、何か、欲しいものをプレゼントする…というケースもあるようです。高校生くらいになると、あまり甥や姪も話をしてくれないでしょうし、小学生の場合は、あまりプレゼントという感覚がないので、中学の入学祝いは、親戚にとっても一番楽しいプレゼントの時期かもしれません。思い切って本人に、何が欲しいか聞いてみるのもいいと思います。

入学祝いの相場|小学校の場合

小学校の入学祝いは、やはり金額的な相場でいうと、5千円〜1万円くらいでしょう。入学祝いをもらう本人は、まだ金額的なものはわからないので、親御さんに向けてのプレゼントになると思います。小学校の場合は、いろいろとお金もかかるので、必ず必要なものを品物でプレゼントするものいいでしょう。小学校の進学の時は、すべて新しいものを揃えたくなりますので、他の親戚の方とプレゼントがダブらないようにしなければなりませんが、たとえば、靴や、バッグ(ランドセル以外の通学バッグ)なども喜ばれると思います。

どんな贈り物が喜ばれるかは、ギフト専門店のサイトなどがとても参考になります。なかなかプレゼントが決まらない時などは参考にしてみるといいと思いますよ。

シャディ Gift&Shopping


以上、入学祝いの相場についてでした。参考にしてみて下さい。

小学生のお子さんの通信教育をお探しなら!

小学校の通信教育を比較!ママが選ぶ子供の家庭学習法
ママが選ぶ小学校の通信教育。家庭学習ならこれがおすすめ!小学生からしっかりできる子にしたいなら、小学校の通信教育はこう選ぼう!

PR


管理人SAYAです!

入学祝いの相場

入学祝いの相場ってどのくらいなのでしょう?一般的な金額を、マナー情報サイトや、口コミ情報などから調べてみました。小学校・中学校・高校…と、それぞれの入学祝いの相場金額について検証してみます。

MENU&関連記事

入学祝いの相場 イメージ