畳替えには3種類あります!

畳の表替えってよく言いますが、意外と勘違いしている方も多いようです。まずは、畳の表替えの一般的な常識を少しまとめてみます。まず、よくたたみ替え、といいますが、このたたみ替えには、3つの種類があります。


一つは、名のまま、「畳替え」。これは、たたみそのものを新しいものに変えるというものです。完全に畳が古くなってしまった場合などは、このように新品に変えるということが必要になります。畳表も畳床も取り替えます。この場合、新しい畳の料金の他に、古い畳の処分費用もかかります。


二つ目は「裏替え」と言われるものです。これは、今の畳表を裏返し、ヘリを新しく張り替えます。3年〜5年に一度はこの「裏替え」を行うといいそうです。ただし、シミなどが裏の面まで出てしまっていると、この裏替えでは対応できないようです。


そして、3つ目が「畳の表替え」です。

畳の表替えって?

これは、「畳床」はそのまま利用して、「畳表」を新しいものに替えます。ヘリも新しくつけ替えます。裏替えだけでは、対応できない時に、この畳の表替えをします。

この時期は、5年〜7年くらいが目安です。


畳は、このように、畳の痛み具合によって、3つの段階がありますので、「畳替え」をする時には、今どのくらいの状態なのかを把握してから畳替えの依頼をした方がいいでしょう。


たいていのたたみ店は、良心的なところが多いと思いますが、こちらに基礎知識がないと、畳の表替えだけで済むものを、総取替になってしまった…なんて失敗もあるかもしれません。タタミを入れてからの年数はしっかり把握しておいたほうがいいですね。

畳の表替えの料金(費用)ってどのくらいが相場なのでしょうか?

畳の表替えの料金は、もちろん各タタミ店によって異なりますが、だいたいの料金の相場としては7,000円から10,000位のところが多いようです。


6畳ですと、42,000〜60,000円位です。畳の表替えの手間の費用がほとんどではありますが、ここには、あたらしいヘリの料金も含まれます。このヘリの部分ですが、これには本来かなりの料金の差があるようです。高級なタタミの場合は、ヘリの品質もかなり上質な物を使用しているようで、畳の表替えの時の料金にも、どのヘリを使うかで値段が変わることがあります。


洋室中心の、洋風住宅では和室にはあまりお金をかけて建築を行っていないかもしれませんが、純和風住宅や、古くからの住宅では、このタタミの質もかなりいいものを使っている場合があります。畳の表替えをする時は、このヘリのこと、少しだけ気にしておくといいでしょう。畳の表替えの料金は、タタミ店や、リフォーム店から入るチラシや、各社のホームページなどで、ある程度、地域的な相場を調べてから注文をした方がいいですね。やはり、異常に高い、極端に格安・激安…というのは、どうしてその値段なのか、しっかり確認をした方が安心ですね。

畳の表替えで気分爽快!

畳の表替えは、確かに料金はかかりますが、表替えをして、きれいに生まれ変わったタタミというのは気分がいいものです。い草の匂いは、畳の表替えをするだけでも、違います。また、長年のうちに、タタミはかなり、痛み、汚れていますし、ダニやカビにやられてしまうことも。健康上も、是非、5年たったら、畳の表替えをしてあげるといいと思います。和室に、い草のいい香りが…。きっと、気分も変わります。おすすめです。畳の表替えは、タタミ専門店か、リフォーム店で請け負ってくれます。ずっと、付き合う大切なタタミを大切に!


◆ダスキンレンタル商品◆無料キャンペーン実施中!◆

PR


管理人SAYAです!

畳表替え

畳の表替えっていくらかかるんだろう?その料金って、わかりにくいですよね。タタミは表替えや、裏替え、畳替えで料金が異なります。そんな畳の表替えについてのお話です。

MENU&関連記事

畳の表替え イメージ

おすすめサイト

畳・襖・障子の張替え.com
全国対応でやっている畳貼り替えの専門店サイト